アクセスランキング

Rebatesお友達紹介キャンペーン

【赤鯱新報更新】【名古屋vs川崎F】レビュー:もっと闘えたはずの第2戦。王者にやり過ごされた2-2のドローから、名古屋は何を得るか。 #名古屋グランパス #grampus

厳しい見方をすれば、王者にあしらわれた結果の引き分けだった。

ポジティブに見れば二度のビハインドを良く追いついたと言えるが、ルヴァンカップの準々決勝はホーム&アウェイで勝ち抜けを争う戦いである。

1戦目ですでに2点のビハインドを背負っていたチームにとって、2-2は健闘ではなく目標の未達成にすぎない。

よくやった、と労われても、選手たちが納得するわけもない。

タイトルの可能性をまた一つ失い、似通ったスタイルを持つ相手に実力差を見せつけられた戦いの後ならなおさらだ。

引用元:赤鯱新報


「赤鯱新報」は名古屋グランパスの情報を掲載している貴重なメディアです。

そんな「赤鯱新報」「ブルーバーズ」は勝手に応援しています。

名古屋グランパスファンの人にはオススメです!