アクセスランキング

Rebatesお友達紹介キャンペーン

【赤鯱新報更新】風間八宏監督試合前記者会見の様子 #名古屋グランパス #grampus

風間八宏監督

Q:改めて振り返るに、川崎も現実的な戦いをしてきた印象がありますが、監督の想定内でもありましたか。

「いや、でも結局はいつも同じことで、相手がどこでもウチは押し込んでしまうので、ああいう状態にはなる。自分たちがやっていることというのは最終ラインの選手を含めて相手をコントロールすることなので、そこでコントロールできない場所が何人かのところであったということ。これが一番大きなところで、そんなに大きなピンチは多くなかったと思います。

一番の問題は自分たちが仕留めきるところまで、いつも言っているように、一本のパスが足元に入ればシュートが打てる、あるいは止まっていればシュートが打てる。それでシュート数の部分ですごくもったいないことになっていた。そこをまず増やすこと。それが我々にとってはいま一番現実的なことなので、相手ということではないですね。

どの相手もそうだけど、こうなれば(押し込むジェスチャー)、それを選んでくる(ロングボールを入れてくるジェスチャー)、だいたいが常套手段で、僕らが驚くことはなかった。自分たちのやり方とやられてしまうミスはいつも同じなので、そこは自分たちが気をつけていけば起こらない話なので。

そこまでやるには技術をつけていかなければいけないし、細かい技術にこだわっていかなければいけない。それをミスをしても大丈夫なサッカーに戻すつもりはないので。そこは選手がみんな取り組んでくれているので、そこに期待しています」

引用元:赤鯱新報


「赤鯱新報」は名古屋グランパスの情報を掲載している貴重なメディアです。

そんな「赤鯱新報」「ブルーバーズ」は勝手に応援しています。

名古屋グランパスファンの人にはオススメです!