アクセスランキング

Rebatesお友達紹介キャンペーン

【 #INSIDEGRAMPUS 更新】明治安田生命J1リーグ第26節 清水エスパルス戦後 監督会見【無料記事】 #名古屋グランパス #grampus

風間八宏監督

番気をつけていたミドルシュートを打たれ決められてしまった。

ただし、それ以外の部分ではチャンスをたくさん作り、最後まで選手が一生懸命に闘った。

ケガ人も戻ってきているので、そういう意味ではすべてが残念なゲームだったというわけではありません。

このオフ明けでは、自分たちがもっと仕留めること、もっともっとアグレッシブにいくこと、そして相手を本当に押し込むことを、全員でやっていきたいと思います。


米本拓司選手が復帰しました。後半途中から出場すると、そこからもう一度チームが盛り返したように見えました。

まだヨネ(米本)の肘は完全に完治しているわけではないので、試合を見ながらやっていこうと思っていました。

今はジョアン(シミッチ)、(エドゥアルド)ネット、そしてヨネの3人で、あの位置は本当にチームの心臓ですし、(米本は)運動量も多く、今日いきなり出場してあれだけのプレーをしてくれたので、また3人でしっかりやっていってもらいたいと思います。

引用元:INSIDE GRAMPUS(インサイド・グランパス)



続きはINSIDE GRAMPUS(インサイド・グランパス)へ


「INSIDE GRAMPUS(インサイド・グランパス)」は名古屋グランパス自らの手で、クラブのINSIDEからチームや選手、クラブの情報を届けているメディアです。

そんな「INSIDE GRAMPUS(インサイド・グランパス)」「ブルーバーズ」は勝手に応援しています。

名古屋グランパスファンの人にはオススメです!